一眼レフに必須級の機材を持っていなかった!レンズを買う前に手に入れたい3つのアイテム

SNSフォローボタン

お気軽にフォローしてください(^^)

スポンサーリンク

​こんにちは、梅野です!

1月の記事で2017年に出来れば手に入れたいレンズとして、大三元「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を手に入れたいと書きました。

​ こんにちは、梅野です! 年を明けたウキウキ感に釣られて、私の物欲も刺激されていますw 私が現在使用しているレンズは次の3点...

しかし、この前「撮影日記」の記事を書いていた時に「NDフィルターをまだ買っていませんw」と書いていた時、レンズを買う前に購入しなければいけない物があるんじゃないかと思い始めました。

スポンサーリンク

私の現在持っている機材で足りないもの

レンズは広角、標準、望遠と貧弱ながらシステムが出来ました!

ですが、レンズ以外の機材を見直してみると、さらに表現の幅を広げてくれる物
撮影を安定させる周辺機器が不足しているのに気づきます。

いや、本当は前から気付いていたのですが、見ない振りをしていただけなんです(笑)
なので、新しいレンズを買う前にこの辺を揃えたいなと思っています。

NDフィルター(減光フィルター)


Kenko NDフィルター PRO1D プロND16 (W) 77mm 光量調節用 277447

昼間の明るい時でも、シャッタースピードを下げてくれる定番アイテム。

川、滝、海、雲などを流れる様に表現してくれるフィルターで、以前から(1年以上前)欲しいと言いつつも買わずじまいでした。
冬以外の季節は渓流に撮影しに行く事も多いので、いい加減手に入れたいと思います(笑)

しかし、どのレンズ用のを買おうかな?

レンズによってフィルター径(サイズ)が違うので使い回しが出来ないのが難点。

広角(24mm)か望遠ズーム(70-300mm)どちら用のNDフィルターを買うか悩んでいます。
「両方買えよ!」と思いますよね(笑)

でも、初めて使うものですので使用感とか確認したいんですw

レリーズ(リモートスイッチ)


Nikon リモートコード MC-DC2

手ブレを防ぐなら必須の便利アイテム。

カメラ本体のシャッターボタンを押す必要が無くなるので、余計な手ブレを極力防いでくれます。
三脚を使う様な撮影状況であれば、このレリーズも持っていた方が良いですね。

これを持っていなくても、一眼レフのセルフタイマー機能を使えば、レリーズを使っているときと条件は同じになります。
しかし、実際にセルフタイマーを使って撮影をしてみると分かるのですが、シャッターが切られるまでの待ち時間がとても焦れったい!

私がせっかちなのかも分かりませんが、何枚も撮影をしているとこの待ち時間のせいでイライラしてきます(笑)
そんなに高い物でもないので、やはりレリーズを持っていた方が良いですね。

※調べたら汎用品なんて言う物もあるんですね。
 純正品に比べて半値くらいで購入出来ます。


【ロワジャパン】【初心者向け/握りやすい】Nikon ニコン MC-DC2 対応 シャッター リモコン コード レリーズ

D750 ファインダー丸窓化


※画像はD810です。

これは撮影には直接関係ないドレスアップ的なものです(笑)
※一応、ファインダーが見やすくなるみたい。

D750を手に入れたらファインダーを丸窓にしたいなぁ、と思っていました。

そしてついにD750を購入したときに、丸窓化するために必要な部品を注文しようとした所。

なんと!

在庫切れwww!

D750を丸窓にしたい人が結構多いみたいで、私が買おうとした時は運悪く在庫切れでしたし入荷も未定。
そのまま、今の今まで忘れていました(笑)

丸窓化するために必要なパーツは「アイピースアダプタ NEPS1」と「DK-17A」の2つだけ。

あるいは「DK-22」「DK-3」「FAアイピース」の組み合わせでも出来るみたいです。


Nikon アンティフォグファインダーアイピース DK-17A


Nikon アイピースアダプター DK-22


Nikon FA 目当てゴム DK-3


Nikon FAアイピース

まとめ

・NDフィルター
・レリーズ
・丸窓化

これらすべてを行っても、費用は10,000円前後で収まりそう。

まぁ、丸窓は最後にしてフィルターとレリーズは春まで、いや夏までには手に入れたいアイテムです。

レンズも欲しいけど、レンズよりも遥かに低価格で手に入る、この3つのアイテムを揃える方が先決かな(笑)

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

この記事をお届けした
ケロカメラの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が「いいね」と思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!

お気軽にフォローしてください(^^)