ナショナルジオグラフィックのカメラバックをレビュー!

SNSフォローボタン

お気軽にフォローしてください(^^)

スポンサーリンク


NATIONAL GEOGRAPHIC カメラリュック Africaコレクション 6.7L 15インチタブレット収納可 ブラウンキャンバス NG A5290

こんにちは、梅野です!

カメラバック選びって、かなり悩ましいもんですよね?

見た目重視のオシャレなタイプにするのか、見た目はすてて機能性重視のタイプにするのか…

見た目も実用性も、全部に満足をするカメラバックに出会えるひとは少ないと思います。
気に入ったバックでもどこか不満点が出て来るんで、新たなバックを探し求めます。

レンズにはレンズ沼という言葉がありますが、カメラバック沼と言う言葉もありますね(笑)

私は普段使っているショルダータイプのカバンを、そのままカメラバックとして使っていたのですが、カメラ用としては作られていないので使いにくく不満が溜まり始めたので、カメラバックを購入することにしました!

スポンサーリンク

買ったのはナショジオのリュック型カメラバック

dsc_2968

NATIONAL GEOGRAPHIC カメラリュック Africaコレクション 6.7L 15インチタブレット収納可 ブラウンキャンバス NG A5290

National Geographicから販売されている「NG A5290 レザー中型バックパック」

これにした理由はひとめ惚れです(笑)
カメラバックっぽさが少なく、カッコイイんです!

リュック型を選んだのは、ショルダーとかの肩に掛けるタイプは長時間持ちまわっていると、肩がかなり痛くなってきます。
なのでリュックでしたら両肩に負担が分散されて、もう少し楽になるかと思って購入しました。

結果は予想通りで、以前は「肩痛ぇ…」とブツブツ言いながら撮影してましたが、リュック型になってからは肩の痛みはほとんど気にならなくなりました。

dsc_2970

両肩に負担が分散されてのに加えて、肩に当たる部分が分厚くつくられていて、痛みをおさえてくれる新設設計です!

バックの収納は2気室タイプで、機材を入れる場所と財布などを入れる場所が分かれてますので、とても使い勝手がいいです。

dsc_2974

カメラを収納するスペースは、APS-C機であれば取り出しもスムーズに出来るくらい余裕がありますが、フルサイズ機ですとパンパンになってしましますので、取り出したり収納したりするときは少し押し込む必要になります。

ふたのウラの部分はチャック付の小物入れになってるので、私は予備のSDカードとレンズペンをいれています。

真ん中の部分にカメラ本体が入り、その両脇にレンズは1本ずつ収納できるようになっています。
私は単焦点2本ですのですんなり収まりますが、大口径ズームレンズはちょっと厳しそうなので、ここではなく上にある荷物用のスペースに納める必要がありそうです。

dsc_2975

荷物部分は三か所に仕切られていて、左は財布や折りたたみ傘を入れています。

真ん中はノートパソコンやタブレットを収納できるスペースで、右は小物が収納できます。私はここに応急セットを入れています(ボールペンなどを挟んで収納できるようにもなっています)

dsc_2982

カバン表面の生地もかなり丈夫な素材で作られていて、安心感があります。

今までに渓流の大きな岩場と山の荒れた道から、足を踏み外して転げ落ちてしまい、私は怪我をし腕などからは流血していましたが、このカメラバックは写真の通りキズ一つありません。

特に渓流の岩場から落下した時は、背中から落ちていったので私の体重分、岩場にバックが擦れつけられたはずですが小キズさえ付いてません!

まとめ

私はカメラも財布などもまとめて一つのバックで運びたいので、「NG A5290 レザー中型バックパック」はまさに最適でした。

カメラ1台・レンズ2本・三脚・SDカード・レンズペン・長財布・タンブラー・折りたたみ傘・扇子(夏限定)・応急セット・予備メガネを入れて歩いていますが、肩が痛くなることがないです!

_20160927_113750

※スマホでの撮影なので画質悪いです。すいません。

ひとつだけ弱点を挙げるとすれば、リュック型なのでレンズ交換の時はカバンを下ろしてしなければならない事。

まぁそれ以上にリュック型のメリットの方が多いので、私はこのバックにして大満足です!

※追記

最近になってボードゲームにハマりまして、ゴールデンウィークやお盆など大型連休に県外の友達が帰って来ると、集まってご飯を食べに行った時に将棋やチェスをやっています。

でも折り畳み式とは言え将棋盤もチェス盤も荷物になるんですよね…。

これを縦に重ねて見ると。

隣に置いてあるのはAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gです。

結構な厚みになってしまいますよねぇ。

なので今までは、私の機材購入記事でよく台座として登場する、このカバンに入れて持って行っていました!

見てもらって分かると思うのですが、このカバンはデカい(笑)!
こんなカバンを持って飲食店に行くと、とてもジャマなんです。

なのでダメもとでカメラや財布も入れている、ナショナルジオグラフィックのカメラバックに将棋盤とチェス盤を入れようとしてみると…。

入っちゃった(笑)!

バックの厚みはそんなにないと思っていましたが、詰め込んでみると割と伸縮して厚みのある物でも収納出来てしまいます。
私の分厚いサイフも入ってますね!

もちろんカメラも入れた状態です。

さすがに望遠ズームは入りませんでしたが、D750+AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDとAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(画面左)を収納出来ています!

バックの見た目もパンパンに膨らんで不格好!
と言うほどにはなっていませんね。

今年のゴールデンウィークはこのカメラバック一つで

・将棋盤
・チェス盤
・サイフ
・D750
・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
・AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED
・その他(予備コンタクトや薬ケース)

こんなに持って回れました!

私が思っていたよりも高い収納力を持っていて驚きです。

その他のカメラバックの記事

こんにちは、梅野です! 以前、持ち運ぶカメラ機材を軽量化したいと記事に書きました。 その中でもひときわ重量が重かったのが、カ...
こんにちは、梅野です! この記事に飛んで来られた方は、もちろんカメラバッグを探されているんだと思います。 「おすすめカメラバ...
こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山...

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

この記事をお届けした
ケロカメラの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が「いいね」と思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!

お気軽にフォローしてください(^^)