続・初めての写真展。その4「写真を入れるフォトフレームにも結構お金がかかる…」

SNSフォローボタン

お気軽にフォローしてください(^^)

スポンサーリンク

こんにちは、梅野です!

写真展をするにあたって、貧乏っぷりを見せてしまっていますがまたしても困った問題が!

写真のプリントはまだ全て終わっていませんが、展示するには写真を入れる額(フォトフレーム)が要ります。

会場によっては写真をそのまま壁に貼り付けて構わなかったりするんですが、今回の場所は名称は分かりませんが穴がたくさん空いたボードに展示するタイプなので、フォトフレームが必須です。

なので、お値段がいくら位するもんなのか店舗に見に行くと、大体安い物で1,000円前後くらいでした。

これが20個ほど必要ですので

1000円×20個=20,000円になる。

…えぇ、私には買えませんwww

なにせ、私の月のお小遣いは15,000円ですから、完全に予算オーバーです(笑)

数が必要になると結構大金になっちゃいますね…

スポンサーリンク

今回は100均に頼る!

ちゃんとしたフォトフレームは予算オーバーでしたので、今回は100均の商品で揃えたいと思います。

それなら20個買っても2,000円なのでお財布にとても優しい(笑)

しかし、20個も在庫置いてるのかな~?と心配していましたが、それ以上に大量にあって一安心。

今回はダイソーさんのフォトフレームを使うことにしました!

全部同じものかと思えば、カラーバリエーションが5色ほどあったので、写真によって額を変えられます。

100均だから仕方ないけど

そんな訳で大量に買ってきました(笑)

さすがにA3用のやつは400円しましたが、それでも普通のフォトフレームよりは安いのでオッケーです。

商品をカバーしているビニールを外してみると、やはり100均クオリティなのがヒシヒシと分かる(笑)

フレームは華奢でグラグラするし、背面の固定金具は横にズラして止めるタイプでは無く、金属を曲げて止めるタイプ。

指では歯が立たないのでマイナスドライバーを使って起こします。

あんまり繰り返していると、いつか折れますね(笑)

あと、意外なことに前面の部分にガラスが使われていました!

ですが、やたらと脆いガラスで角のがポロポロと崩壊してるw

ガラス部分はビニールのせいなのか、前も後ろも汚れがこびり付いていますので掃除をしないと使えたもんじゃありません。

ライトの反射している所に油膜のような汚れが見えると思いますが、これが全体に入ってて拭き取るのが大変!

ガラスの汚れって中々落としにくいですので、アルコールかセリート(柔らかい布)を準備した方がいいです!

実際に写真をはめてみる

ガラスをキレイにして写真をいれてみたんですが、中々良いじゃないですか!

ホントは写真展に出すのなら、フォトフレームは見栄えの綺麗なパネルタイプに憧れていたのですが、お値段が高いので今回は断念しました(笑)

私のレベルなら100均フレームでも十分です!

こうやって見ると、データとしてパソコンで見るよりも、現像して額に入れた方が2割増くらいでいい写真に見えますねwww

まとめ

ちょっと掃除に取られる時間が大きいですが、100均フォトフレームも中々良いですね!

まじまじと見ると安っぽいのが分かってしまいますが、離れてみれば必要十分かと。

大量にフォトフレームが必要な方は、ダイソーやセリアの商品を使ってみるのもアリだと思いますよ!

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

この記事をお届けした
ケロカメラの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が「いいね」と思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!

お気軽にフォローしてください(^^)