初心者におすすめなCanonの小型一眼レフに新型モデル「EOS Kiss X9」が登場!

SNSフォローボタン

お気軽にフォローしてください(^^)

スポンサーリンク


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

こんにちは、梅野です!

キャノンの一眼レフでは絶大な人気を誇り、ロングセラーとなっているEOS Kiss X7の最新モデルが発売されました!

Kissシリーズは初めての一眼レフとしてよく選ばれる機種で、カメラ本体が小型なので特に女性に人気が高いですね。

軽さなどではやはりEOS Kiss X7が上回るのですが、カメラ自体の性能は最新のEOS Kiss X9の方が2世代くらい上の性能を持っています!


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

スポンサーリンク

小さくても高画質


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

ASP-Cの大き目のセンサーが使われていて、画素数は2420万画素になります。

画質や画像の処理スピードに関わって来る画像処理エンジンも新しい「DIGIC7」が使われていて、エントリーモデルとは思えない装備!

そのおかげで、暗い場所での撮影はEOS Kiss X9の方が断然キレイに撮影出来るようになっていますよ!

可動式モニターを採用!


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

EOS Kiss X7の使いにくいところの1つに、モニターが固定式であることが挙げられます。

固定式のモニターだと自撮りがしにくいのはモチロンのこと、ハイアングルやローアングルでの撮影が非常にしにくいんですね。

カメラを大きく下に向けるハイアングル撮影では、モニターもファインダーも確認出来ませんのでどこを写しているか分かりません。

ローアングルからの撮影では、自分が地べたに横たわって撮らないといけないので、学生の時ならまだしも大人だと躊躇しますよね(笑)

EOS Kiss X9ではバリアングルモニターが採用されているので、モニターが前向きにも後ろ向きにも出来ますし、上下は360°回るのでハイアングル・ローアングルどちらも楽に撮影出来ますよ!

一眼レフ初心者でも安心のガイド機能


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

初めて一眼レフを買った時って、操作を覚えるのもそうですが専門用語が多くて分かりにくいですよね。

EOS Kiss X9では初心者でも安心出来るガイド機能が付いていて、撮影モードの説明やF値を変更するとどう変わるかなどが、イラストでモニターに表示してくれます。

これなら説明書を片手にカメラを操作しなくても、直感的に何をしているのか分かりやすいのでとても親切な作り!


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

「ここはふんわりとした写真にしたいな」

「暖かみのある色合いにしたい」

など、微妙なニュアンスを出すためには、写真の腕を上げていかないといけませんが、EOS Kiss X9ならカメラが勝手にやってくれます!

「クリエイティブモード」を選択すると

・くっきり鮮やかに
・暖かくやさしく
・ほの暗くひっそりと
・ふんわりやわらかく
・しっとり深みのある
・雰囲気 標準
・明るく
・暗く
・モノクロ

これらの分かりやすい選択肢から選ぶだけで、写真の雰囲気を変えられるんです。

撮った写真のシェアがかんたん


※画像引用元:Canon(http://canon.jp/

EOS Kiss X7には通信機能が一切無かったので、撮影した写真をいちどパソコンに取り込み、それからスマートフォンなどに移さなくてはなりませんでした。

EOS Kiss X9では現代のSNS事情を反映し、Wi-Fi・Bluetooth・NFCに対応したので、一眼レフで撮影したらすぐにSNSにアップ出来ます。

特にBluetoothはカメラの電源を入れると、スマホと自動同期させることができ、撮った写真を自動でスマートフォンに転送してくれるのでとっても楽ちん!

さらにスマホを使ってリモート撮影も出来るので、集合写真をとる時に活躍してくれます!

スペックの違いをまとめてみた

ここまで見て頂いた中で、「どうしてEOS Kiss X8iとの比較じゃなくて、EOS Kiss X7との比較なのか?」と疑問に思っている人も居ると思います。

Kissシリーズは数字単体の型番だと、小型・軽量さを重視した機種で数字の後ろにi(7iなど)が付いていると、小型さよりカメラ性能重視なんですね。

なのでEOS Kiss X8iはEOS Kiss X7の後継機種ではなく、今回のEOS Kiss X9が後継機になるはず。

※メーカーではX8iとX9を比較してるけど、バリアングルモニター以外はコンセプトが違う気がする。

EOS Kiss X8iも発売当初は凄い売れていましたが、やはりカメラ本体が大きくて重いと言うこともあり、Kiss X7ほどのヒットにはならなかった感じ…

いまだにEOS Kiss X7が販売されているのがそれを物語っている気がしますね(笑)

それでは正当な後継機種「EOS Kiss X9」と前モデルの「EOS Kiss X7」

両者の主要なスペックの比較をしていきますね!

  EOS Kiss X9 EOS Kiss X7
センサーサイズ ASP-C ASP-C
画素数 2420万画素 1800万画素
ISO 100-25600 100-12800
映像エンジン DIGIC7 DIGIC5
連写速度 5.0コマ/秒 4.0コマ/秒
モニター バリアングル 固定式
AF測距点 9点 9点
撮影可能枚数 650枚 380枚
Wi-Fi ×
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 122.4mm(幅)
92.6mm(高さ)
69.8mm(奥行)
116.8mm(幅)
90.7mm(高さ)
69.4mm(奥行)
重量 453g(ブラック)
454g(シルバー)
456g(ホワイト)
407g(ブラック)
410g(ホワイト)

ほぼすべての面でX9の方が優れているのが分かりますね。

特に凄いと思ったのがバッテリー持ちの差!

X7は充電が満タンでも約380枚までしか撮影出来ませんでしたが、X9では約650枚まで進化しています!

まとめ


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

EOS Kiss X7の後継機種と言うこともあり、EOS Kiss X9はバカ売れ&ロングセラーになりそう。

しかしEOS Kiss X7の時と違って、今はミラーレスの存在が大きいので、どこまで注目されるのか楽しみですね。

カメラのサイズや重さでは、EOS Kiss X7の方が上回っていますが、さすがにカメラの性能が古さを感じます…

まぁ、2世代ほど前のカメラなのでしかたないのですが。

今から一眼レフカメラを購入するのなら、EOS Kiss X9の方が絶対にオススメ!

Wi-Fiなどの通信機能の充実も良いですが、ISOが25600まで拡張したのは大きいです。

ISOの数値は高ければ高いほど高性能で、夜間など暗い場所でも手ブレをしにくくなり、多少のノイズを気にしなければ三脚がなくても夜景撮影までできる!

カメラ自体が50gほど重くたって、性能の進化が大きいので、今から購入するのならEOS Kiss X9一択ですね!

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

この記事をお届けした
ケロカメラの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が「いいね」と思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!

お気軽にフォローしてください(^^)