最も売れている一眼レフ「キャノンEOS Kiss X7」とはどんなカメラなのか!?

SNSフォローボタン

お気軽にフォローしてください(^^)

スポンサーリンク


※画像引用元:cannon(http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7/index.html

こんにちは、梅野です!

売上台数ランキングや人気カメラランキングで、常に上位に居つづけているのがキャノンの「EOS Kiss X7」です。

キャノンの一眼レフの中では初心者用に位置するグレードですが、現在のモデルが販売され始めてからもう3年と8ヶ月くらい経っていますが、いまだに根強い人気がありますね!

スポンサーリンク

価格と発売日

2013年4月24日
価格:オープン価格

発売当初の実売価格は約100,000円前後でしたが、現在は50,000円前後になっています。

これはダブルズームキットの価格ですので、これから一眼レフを始める人でも買いやすいお値段になりましたね!


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

EOS Kiss X7の特長

発売してからかなりの月日が流れているのに、なぜ未だに人気なのか?
それはKiss X7にしかない長所にあります!

世界最小・最軽量


※画像引用元:cannon(http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7/index.html

Kiss X7の最大の長所は世界で最も小さく、最も軽い一眼レフだという事。

カメラ本体の重量はたった370g

サイズも約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行)mmですので、女性や子供でも持ちやすい大きさです。
ただ小さすぎて手の大きい男性だと、反対に持ちにくいので注意!

低価格なので手が届きやすい


※画像引用元:cannon(http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7/index.html

現在の販売価格が平均で50,000円前後。
安いショップだと46,000円くらいで購入できます!

こんなにお安いにも関わらず、カメラ本体とズームレンズ2本がセット。

バッテリーと充電器、カメラストラップも入っていますので、あとはSDカードを別途購入するだけで一式が揃ってしまうんです。

セットのレンズも「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」の2本ですので、焦点距離18mmから250mmまでカバー出来るので、とりあえずなんでも撮れるので安心。

このキットレンズを使ってみて「もっとボケた写真を撮りたい」など思ったら、単焦点レンズを買い足していけば良いですね!

※2017年1月23日:SONYのシンデレラレンズも追加しました!(記事内下部) こんにちは、梅野です。 単焦点レンズのこ...

画質はどうなのか?

さすがに発売されてから年数の経ったエントリーモデルですので、搭載されている機能の古さは否めません。

しかし多少古くたってそこは一眼レフ!

最新のスマホやデジカメ(コンデジ)よりキレイな写真を撮影出来ます。

ASP-Cセンサー

このセンサーと言うのは大きければ大きいほど高画質に撮影が出来る。
デジタル一眼レフで主流のセンサーサイズは大きい順に「フルサイズ」「APS-C」「フォーサーズ」の3種類があります。

EOS Kiss X7は真ん中の「APS-C」が使われていますので、画質も良く暗い場所での撮影にも対応出来ます。

ちなみにスマートフォンは「1/3型」や「1/2.6型」と言う非常に小さなセンサーが使われていますので、2000万画素とかの数字の割には、キレイな写真が撮れません。

画質は画素数ではなくセンサーサイズが大きく関わるんです。

1800万画素

EOS Kiss X7の画素数は1800万画素ですので、スマホカメラのスペックを見慣れた人には少し物足りない数字に見えると思いますが、センサーサイズの違いで実際にキレイな写真を取れるのは、2500万画素のスマホよりEOS Kiss X7の方になります。

ピント合わせが不安な方でも安心な機能

一眼レフを触ったことの無い方は、ピント合わせが難しいのでは?
と思われている場合が多い印象。(私の周り調べw)

ですが、一眼レフもスマートフォンやデジカメ(コンデジ)と同じく、シャッターボタンを半押しにすれば、あとはカメラが勝手にピントを合わせてくれるのでとってもカンタン!

それでもピントを合わせるのが苦手な方の為に、EOS Kiss X7ではモニター画面にタッチするだけでピント合わせが出来る機能が付いています。

これなら画面で確認しながら、お子さんの顔を指でタッチするだけでピントが合いますので、とっても簡単ですね!

EOS Kiss X7の弱点


※画像引用元:cannon(http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7/index.html

オートフォーカス(ピントを自動で合わせてくれる機能)が、今の主流機種と比べるとさすがに古くなってしまいましたね。

中央クロス9点オートフォーカスセンサーと言うのが搭載されていますが、これは画面中央に円形に設置された9箇所の部分ですばやくピント合わせをしてくれるセンサーです。

しかし、今となっては9点と言うのは少なすぎるんです。
これが少ないと動く被写体を撮影するのが苦手とも言え、動き回る子供やペットを撮るときはピンと合わせが難しいかと思いますね。

現在のエントリーモデルカメラでも39点くらいありますので、その少なさが分かると思います…

まとめ

発売から3年以上もの月日が経った旧世代の一眼レフながら、いまだに根強い人気があるのはやはり一眼レフとは思えないコンパクトさと超軽量なおかげですね。

持ち運びしやすくて、荷物にもなりにくい。

撮りたいときにサッと取り出して撮影できる気軽さが、このカメラの最大の魅力なんだと思います。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

この記事をお届けした
ケロカメラの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が「いいね」と思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!

お気軽にフォローしてください(^^)